2017
03.02

ノン・デュアリティ(ノンデュアリズム)

非二元

世界で「ノン・デュアリティ(Non-Duality)」が流行っている。海外に住む日本人数人が日本で書籍を出版し、日本でも注目され始めた。日本語では「非二元性」と訳される。

しかし現時点で日本語版Wikipediaには載っていない。英語版Wikipediaで調べると「ノンデュアリズム(Nondualism)」の名で掲載されていた。日本語では「非二元論」となる。

日本語ではまだ情報が少ないので、英語版Wikipediaを基に解説する。

  • Advaya, the nonduality of conventional and ultimate truth in Madhyamaka Buddhism. In Buddhist Madhyamaka it means that there is no absolute, transcendent reality beyond our everyday reality, and while things exist, they are ultimately “empty” of any existence on their own. In Yogacara, it refers to the idea of nondualism of cognition and that which is cognized;
  • Advaita, which states that all of the universe is one essential reality, and that all facets and aspects of the universe are ultimately an expression or appearance of that one reality. This is an ontological approach to nondualism, and asserts non-difference between Ātman (soul) and Brahman (the Absolute). This idea is best known from Advaita Vedanta, but also found in other Hindu traditions such as the Kashmir Shaivism, popular teachers like Ramana Maharshi and Nisargadatta Maharaj;
  • “Nondual consciousness”, the non-duality of subject and object; this can be found in modern spirituality.

The nondualism idea developed in the Vedic, post-Vedic Hindu and the Buddhist traditions. The oldest traces of nondualism in Indian thought is found as Advaita in the Brihadaranyaka Upanishad, as well as other pre-Buddhist Upanishads such as the Chandogya Upanishad. The Buddhist tradition added the teachings of śūnyatā; the two truths doctrine, the nonduality of the absolute and the relative truth, and the Yogachara notion of “mind/thought only” (citta-matra) or “representation-only” (vijñaptimātra). Vijñapti-mātra and the two truths doctrine, coupled with the concept of Buddha-nature, have also been influential concepts in the subsequent development of Mahayana Buddhism, not only in India, but also in China and Tibet, most notably the Chán (Zen) and Dzogchen traditions. In Hinduism, nondualism has more commonly become associated with the Advaita Vedanta tradition of Adi Shankara.

Nondualism – Wikipedia

「Advaya」とは「不二」を意味する。紀元2~3世紀にナーガールジュナ(龍樹)が「中論」を著し、当時の大乗仏教に「中観派」を形成した。その中で説かれていたものがナーガールジュナによって完成された「空」の理論である。般若心経で有名なあの「空」だ。文中にある「Madhyamaka」は「中観派」のことを指している。「Advaya」の「不二」とはつまり「空」のことだ。そして「Yogacara」とは同じく大乗仏教の「瑜伽行唯識学派」であり、「空」の中で現実を認知する仕組みが説かれているという。

「Advaita」とは紀元8世紀にシャンカラが完成させた「不二一元論」だ。「Advaya」で「すべては空だ」「認知される現実は意識が作り出した幻だ」とし、「Advaita」で「創造神と意識は同一だ」とすることで、唯一の現実は意識のみだとした。

「Nondual consciousness」は「非二元意識(主体と客体の非二元性)」のことをいう。主体と客体は分離できない。現代のスピリチュアリティに見られる。

このような考え方は仏教が創始される前の紀元前7世紀の文献「ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド」「チャーンドーギヤ・ウパニシャッド」などから見つかるという。これに仏教が「空」「世俗の真理と究極の真理」「意識によって現実は作られる(唯識)」などの考え方を加えた。

Definitions

According to Espín and Nickoloff, “nondualism” is the thought in some Hindu, Buddhist and Taoist schools, which

… teaches that the multiplicity of the universe is reducible to one essential reality.”

The main definitions are the nonduality of Atman and Brahman (Advaita), the nonduality of Absolute and relative (Advaya), and nondual consciousness. The idea of nondualism is typically contrasted with dualism, with dualism defined as the view that the universe and the nature of existence consists of two realities, such as the God and the world, or as God and Devil, or as mind and matter, and so on.

According to Dasgupta and Mohanta, non-dualism developed in various strands of Indian thought, both Vedic and Buddhist, from the Upanishadic period onward. The oldest traces of nondualism in Indian thought may be found in the Chandogya Upanishad, which pre-dates the earliest Buddhism. Pre-sectarian Buddhism may also have been responding to the teachings of the Chandogya Upanishad, rejecting some of its Atman-Brahman related metaphysics.

Advaya of Buddhism and Advaita of Hinduism both refer to nondualism. However, while Hinduism develops its concept of Advaita with an ontological approach, Buddhism develops Advaya through an epistemological approach. The “nondual consciousness” is a western, inclusive understanding of various strands of eastern religiosity.

Nondualism – Wikipedia

ノンデュアリズムはヒンドゥー教、仏教、道教それぞれの学校で教えているものだという。

Google Chromeの自動翻訳も参考にしながら翻訳しているが、さすがに誤訳だらけである。「主な定義は、AtmanとBrahman(Advaita)の非連続性、Absolute and relative(Advaya)の非連続性、および非二意識である。」とあるのでてっきり仏教の「諸法無我」「諸行無常」「涅槃寂静」のことかと目を疑ったが、「非連続性」ではなく「非二元性」が正しい翻訳だ。「中観派」「唯識派」「不二一元論」「主体と客体の非二元性」が、ノンデュアリズムのメインの定義とのこと。

「チャーンドーギヤ・ウパニシャッド」では「存在論」的アプローチがなされていたが、仏教では引き継がれずに「認識論」的にアプローチされた。

Definition 3: Nondual consciousness

Nondualism as a modern spiritual movement is a Universalist or Perennialist, and essentialist approach, in western spirituality. It blends Asian religions and philosophies with the Perennial philosophy, attempting to transcend the fundamental differences between advaya and advaita. Various traditions are seen as grounded in a similar non-dual experience, which is expressed in different ways by different traditions.

The idea of a “nondual consciousness” has gained attraction and popularity in western spirituality and New Age-thinking. It is recognized in the Asian traditions, but also in western and Mediterranean religious traditions, and in western philosophy.

David Loy sees non-duality between subject and object as a common thread in Taoism, Mahayana Buddhism, and Advaita Vedanta.

Nondualism – Wikipedia

この辺りはとてもわかりにくいのだが、欧米の哲学や思想、現代のスピリチュアリティは「非二元意識(主体と客体の非二元性)」に基づいていると言いたいようだ。

デイヴィッド・ロイは、「非二元意識(主体と客体の非二元性)」は道教、大乗仏教、不二一元論の共通点と見ている。

歯切れの悪い文章である。だいたいデヴィッド・ロイとは誰なのだろうか。リンクをたどると公式サイトが表示された。ライターで日本仏教の禅の教師らしい。
Wikipediaを編集した人物はこの辺りの文章に自信がないために、付け足しのようにデヴィッド・ロイの意見を紹介したようだ。

この英語版Wikipediaの情報は「非二元意識(主体と客体の非二元性)」が欧米の現代のスピリチュアリティで生まれたものという見解にしたいようだが、それはまちがっている。
仏教以前のブラフマン教文献「ブリハッド・アーラニヤカ・ウパニシャッド」「チャーンドーギヤ・ウパニシャッド」は私の勉強不足で把握していないが、少なくともゴータマ・シッダッタ(釈迦)が考案したといわれているヴィパッサナー瞑想が「非二元意識(主体と客体の非二元性)」を目的としているものであり、今まさに欧米でマインドフルネス瞑想としてリバイバルされ流行しているものである。医学的にさまざまな効果があることが実証され、注目度が増す一方である。

英語版Wikipediaに私が書き込みたいところだが、ネイティブに誤解されない英文を作る自信がない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。